岡田 仁

2011年6月 1日 (水)

歴史的検討 共同討議<キリスト教と天皇制>予告

岡田 仁(おかだ ひとし/担当主事)

 富坂キリスト教センター(TCC)は、三十年来キリスト教社会倫理の諸問題を学際的に研究し、その成果を出版してきました。その出発点の一つが「キリスト教と天皇制」研究(第1~5期)です。ここ数年、TCCと財団法人基督教イースト・エイジャ・ミッション(CEAM)一体化への移行に伴う財政上の問題から活動全体の縮小を余儀なくされてきたことは事実ですが、第6期研究会発足を提案されていた故土肥昭夫先生との話合いが不十分のまま今に至ったことは残念でした。敗戦後66年を経たいま、天皇制とは何であり、教会はいかにこのシステムを捉えるのか。戦後「象徴天皇制」研究の可能性についてTCC運営委員会はこの間協議してきました。そのなかで第1期から5期までの「キリスト教と天皇制」研究会の成果を総括するべきであるとの結論に至り、今年の秋に「共同討議」を企画することに致しました。長きにわたって座長を務められ、2008年に召天された土肥先生を記念するレセプションも予定しております。

続きを読む "歴史的検討 共同討議<キリスト教と天皇制>予告" »

いのちと多様性を大切にする学寮を目指して~山上国際学寮活動報告

岡田 仁(おかだ ひとし/所長)

 「多様性を認めつつ一致を目指す」をモットーに一昨年、山上国際学寮はスタートしました。都心で静かな環境のもと研鑽を積むだけでなく、留学生と日本人学生、国内外の研究者とその家族が生活を共にし、豊かな出会いを通して国際交流を深めるユニークな学生寮として、この春までにのべ19ヶ国54名の寮生が共同生活を営んできました。多くの皆様のお祈りとご支援に心から感謝を申し上げます。昨年度は、近隣や文京区、教会関係などのボランティアの協力を得て、毎月定期的に様々なイベントや寮生会が行われました。

続きを読む "いのちと多様性を大切にする学寮を目指して~山上国際学寮活動報告" »

富坂キリスト教センター 活動報告

岡田 仁(おかだ ひとし/総主事)

 2010年10月7日、富坂キリスト教センター出版講演会が北海道クリスチャンセンターで開催されました。センターの事業紹介のあと、センター刊行物の『北朝鮮の食糧危機とキリスト教』、『鼓動する東アジアのキリスト教~宣教と神学の展望~』、『原典現代中国キリスト教資料集~プロテスタント教会と中国政府の重要文献 1950-2000~』などをふまえた講演「エキュメニカルからローカルへ~ロシア、中国、韓国、北朝鮮、日本の教会とキリスト教~」(講師:鈴木正三センター元総主事)を行いました。小さな集会でしたが、現場の声に耳を傾けることでセンターの方向性や使命が示されてきたこと、このような会を継続することの大切さを改めて知らされました。忙しいなか出席下さった方々、特にご協力下さいました北海道キリスト教書店の亀岡顕さん、北海教区幹事の日向恭司さんに感謝致します。翌10月8日には日向さんの案内で浦河べてるの家を訪問。全国大会直前にもかかわらず、向谷地悦子さんや作業所の皆さんに受け入れていただき感謝でした。

続きを読む "富坂キリスト教センター 活動報告" »

2010年12月 1日 (水)

財団法人基督教イースト・エイジャ・ミッションのビジョン

岡田 仁(おかだ ひとし/総主事)

 財団富坂キリスト教センター(以下、TCC)は、キリスト教社会倫理の視点で、東アジアにおける和解と平和の諸課題を、研究会活動を通じて担い、厳しい社会状況の中で立ち尽くすしかない無告の人々の「場」にこだわり続けてきました。同時に、諸宗教間対話プログラムや牧師研修なども行ってきました。歴史的に大きな負債を抱えている日本は、北朝鮮に対して和解を追求する責任があります。私たちの目標は東アジアの平和です。国際的な関係や課題を担う使命が財団にはあるのです。歴史認識の共有とエキュメニカルな対話、国際文化交流を深めるなかで真の信頼と協働の関係は築かれ、このことが世界の平和につながるものと確信します。 

続きを読む "財団法人基督教イースト・エイジャ・ミッションのビジョン" »

2010年6月 1日 (火)

総主事 就任にあたって

岡田 仁(おかだ ひとし/総主事)

 この4月より財団法人基督教イースト・エイジャ・ミッション(財団)総主事に就任致しました岡田です。どうぞ宜しくお願い申し上げます。 

 

続きを読む "総主事 就任にあたって" »