東海林  勤

2010年12月 1日 (水)

韓国併合条約百年に想う 

東海林  勤(しょうじ つとむ/日韓キリスト教関係史資料Ⅲ編集会座長))

 富坂だより23号の「日韓キリスト教関係史資料Ⅲ」の井田主事報告に続いて、私は「韓国併合百年」との関連で資料Ⅲ企画の意味を考えてみたい。 日韓併合条約は1910年8月29日に天皇睦仁の「詔書」によって公布された。その日から日本は韓国(当時の国号は大韓帝国。朝鮮半島全体を含む)を合併し、植民地にした。そこで今年は学会、市民運動などが、条約と植民地化の問題を問い直す催しが続いた。私もその一つ、「韓国併合百年-日韓知識人共同声明」(以下「声明」)に日本側発起人の一人として加わり、武田理事はじめ10余人の富坂センター関係者も署名された。 

続きを読む "韓国併合条約百年に想う " »