菅原 伸郎

2010年12月 1日 (水)

書評『宗教を考える教育』 

tn02602

菅原 伸郎(すがわら のぶお/東京医療保健大学教授)

 日本の国公立学校はなぜ、宗教を教えないのだろう。オウム真理教事件と教育基本法改定が話題だったころは議論も少し起きたが、その後も大きな展開は聞かない。日本やドイツなどの研究者たちが「宗教教育研究会」で討議した成果をまとめた本書は、そうした疑問に答えてくれるはずだ。 

続きを読む "書評『宗教を考える教育』 " »