ダビッド・カズノヴ

2011年6月 1日 (水)

<寮生から>

ダビッド・カズノヴ(だびっど・かずのぶ/博士)

 フランスのCasenoveです。今年の4月から2号館の101部屋に、フィリピンの婚約者と一緒住んでいます。2006年、博士課程に入る為、文部科学省の奨学金をもらって日本に来ました。専門は古生物学すなわち昔(5億年前)の生物の研究です。具体的に、カンブリヤ紀のプランクトンの仲間(=ヤムシ)の生活と生態を研究して、あの時代の海の環境は現在の海とどう違うか調べようと思います。ヤムシと言うのは、海産の小さな動物で,その多くは浮遊生活をしています。バイオマスも大きく,海洋生態では重要な位置を占めています。カンブリヤ紀からずっと生き残ったヤムシはどう進化したのか?卒業論文を完了したのに、まだその謎が解けてないです。

続きを読む "<寮生から>" »